HOME HOME > レーダー探査とは

ビル・病院・学校・マンションなど様々な建物の改修工事に伴う、コア・アンカー施工時に、床や壁に埋設された電線管・電話回線・水道管・ガス管などの配管を切断してしまう事故を防ぐため、X線透過撮影や、鉄筋探査によるコンクリート内部探査が効果的です。

レーダー探査の概要と用途

レーダー探査の概要と用途

レーダー探査とは、構造物内部の埋設物(主に鉄筋、電気配線管等)の位置を非破壊で特定することのできる探査です。
代表的な用途として、

  • 施工管理状態の品質を確認するためのコンクリート構造物の配筋状況・かぶり厚の調査
  • 改修工事・耐震診断等の鉄筋位置の調査
  • あと施工アンカー工事の鉄筋位置の調査

レーダー探査の原理

レーダー探査の原理

探査機が送信アンテナから躯体に向けてインパルス状の電磁波を放射すると、躯体と電気的な性質が異なる物質(鉄筋・電気配線管・空洞等)との境界面で反射され、探査機の受信アンテナで受信されます。この時、送信から受信までにかかる時間から埋設物までの距離(かぶり厚)を算出することができます。

レーダー探査機の仕様

レーダー探査機の仕様

探査可能対象物 鉄筋(複層可能)・樹脂管・PC鋼線・空洞
最大探査深度 300mm(埋設物間隔、サイズ、種類、母材の状況による)
鉄筋位置探査精度 ±10mm
かぶり厚さ測定精度 ±5mm(かぶり厚さ50~200mm)
探査距離測定精度 ±5mm以下(移動距離500mm以内)
最小埋設物間ピッチ 水平方向・鉛直方向(複層)各40mm
(複層表示には水平方向離れが130mm以上必要)

レーダー探査の特徴

レーダー探査の特徴
  • スキャナー単体でその場で探査を完了させることができる。
  • 埋設物の位置、かぶり厚さまで探査可能。
  • 2層目の埋設物(千鳥、2重)も探査可能。
  • 斜め方向の埋設物も探査可能。
  • 調査報告書も作成可能。別途申し受けます。

※機械的解析に基づく探査のため、状況によってではありますが、埋設物を目視できるレントゲン探査の方が精度は上です。

鉄筋探査について

  • 『HILTI PS1000』
    HILTI PS100
  • 『ボッシュD-Tect150 CNT』
    『ボッリュD-Tect150 CNT』
  • 『日本無線NJJ-95B』
    『日本無線NJJ-95B』
鉄筋探査機は、X線探査が使用不可能な場所(柱・梁など)で威力を発揮します。
耐震補強工事におけるあと施工アンカー施工・耐震診断におけるテストピース採取前の配筋状況の確認に最適です。
また、X線探査では不可能なかぶり厚の測定もできます。
※ 近年高性能な機種がありますが、現物が映るX線探査に比べ信頼度は100%ではありません。

最新の現場情報

X線探査

2017.10.23.本日の現場[コンクリートの内部調査(Ⅹ線レントゲン探査)]

本日は横浜市の病院にてレントゲン撮影を行いました。

詳 細
2017.10.21.本日の現場[コンクリートの内部調査(Ⅹ線レントゲン探査)]

本日は都内の工場にてレントゲン撮影を行いました。

詳 細
2017.10.20.本日の現場[コンクリートの内部調査(X線探査)とコア抜き]

本日は浦安市のマンションでレントゲン撮影とコア抜きを行いました。

詳 細
2017.10.19.本日の現場[コンクリートの内部調査(Ⅹ線レントゲン探査)]

本日は府中市の工場にてレントゲン撮影を行いました。

詳 細
2017.10.16.本日の現場[コンクリートの内部調査(X線探査)]

本日はで群馬県の銀行にてレントゲン撮影を行いました。

詳 細
2017.10.13.本日の現場[コンクリートの内部調査(X線探査)]

本日は川越市のコンビニエンスストア改装工事でレントゲン撮影を行いました。

詳 細
2017.10.12.本日の現場[コンクリートの内部調査(X線探査)]

本日は神奈川県横浜市でレントゲン撮影を行いました。

詳 細
2017.10.11.本日の現場[コンクリートの内部調査(Ⅹ線レントゲン探査)]

本日は大田区のマンションにてレントゲン撮影を行いました。

詳 細
2017.10.10.本日の現場[コンクリートの内部調査(X線探査)]

本日はで神奈川県横浜市でレントゲン撮影を行いました。

詳 細
2017.10.08.本日の現場[コンクリートの内部調査(Ⅹ線レントゲン探査+コア抜き)]

本日は大田区の小学校でコア抜きとレントゲン探査を行いました。

詳 細

次の記事へ